沿革

昭和63年

5月27日創業。

10月、東京都世田谷区に本社兼モデルハウスが竣工。

平成4年

各界で活躍する先達による連続講演会を開催。平成12年までに湯布院亀の井別荘・中谷健太郎氏、空間プロデューサー・杉本貴志氏、建築家・宮脇檀氏、清家清氏、女優・浜美枝氏、美術評論家・竹本忠雄氏らをお招きした。

平成9年

11月、本社兼モデルハウスの中庭に、7畳半ほどの「離れ」を増築。土壁と手漉きの紙で包まれた重心の低い空間は、「和」を感じさせる。

平成13年

11月、東京都目黒区に駒沢住宅・ギャラリー櫟が竣工。ギャラリー櫟では、企画展「新・日本ぐらし・探求者たち」やトークサロンを開催。地域に開かれたギャラリーとしても活用されている。

平成20年

創業以来、竣工した建築が500件を数える。

平成21年

2月、不燃認定を受けた無垢の国産スギ材を外装材とする、「素材館 校倉」をギャラリー櫟に増築する形で竣工。

6月、福岡市の伊佐裕生家内に福岡事務所を開設。

平成22年

4月、伊佐裕の著書「和なるもの、家なるもの」(講談社)出版。

パッケージプラン「つるばみ」発表。

小国ウッディ協同組合(熊本県)、ドライウッド上越協同組合(新潟県)と共に設立した「国木会」が、平成22年度国土交通省地域木造住宅市場活性化推進事業として、デザインコンペティション「木の家がつくる、都市のこれからの風景」を主催。外壁などに国産木材を使った住宅群の提案を求めた。

平成23年

3月、デザインコンペティション「木の家がつくる、都市のこれからの風景」受賞作品発表。

3月、外壁に不燃認定を受けた木材を使用した「談話室 校倉」が瀬田本社隣接地に竣工。美しい町並みと、国産材の活用を目的とする。(平成25年 解体)