代表挨拶

代表取締役 伊佐裕のご挨拶を
ご紹介いたします。

私の生家は、福岡の旧唐津街道沿いに建つ町家です。江戸末期の建造で、約150年を経たいまも、堂々たる姿で存在しています。

借り物のうわべだけのデザインが氾濫し、流行を追いかける住宅業界への違和感が増す中、ある時、無垢材による確かな骨格と豊かな質感を持つあの美しい我が家が思い出され、この家を原形に本来の家を創り続けることが「私の道」だとの声が内心から聞こえて来たのです。

代表取締役 生家

生家の土間。吹抜上部の窓から煙が抜け、光が射し込むようにつくられている。

「住まい」は環境、立地条件、家族構成、構造、デザイン、あるいはコストの如何に関係なく・・・住む人の精神が自ずと内外に表現されていることが・・・理想の姿なのでしょう。それは、独自性と共通性を合わせ持ち、一個の生命体として普遍性へ通じるような家。そのような本物の「家」の存在感は、いつまでも住む人たちに大いなる力を与え続けることでしょう。

伝統に根ざした素材や意匠は、自分の過去、さらには歴史や文化との共鳴と安堵感をもたらし、内なるものより湧き出した斬新なデザインは「時」「今」の共有と明日への推進力となります。

当社はそのような「住まい」を一作一作創り上げるための建築集団、多彩な設計スタッフと心ある職人衆を社中として編成した会社です。

気品と存在感ある家づくりに向けて。

代表取締役 伊佐裕
略歴
昭和25年12月18日、福岡県福岡市生まれ。福岡県立修猷館高等学校、慶応義塾大学法学部を卒業後、丸紅株式会社に入社。住宅開発部門に所属し、マンション、大規模宅地、戸建住宅などの開発を手掛ける。昭和63年に同社を退社、伊佐ホームズ株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。現在に至る。 公益財団法人 江川文庫(世界遺産反射炉) 評議員
一般財団法人 市川森一脚本賞財団 評議員
公益社団法人 国民文化研究会 理事
秩父市事業推進アドバイザー
趣味
油絵、ラグビー
信条
「我事に於いて後悔せず」(宮本武蔵)