お知らせ

伝統と向き合う創造 「鍋島緞通と唐津焼」展のお知らせ

中国、朝鮮から伝来し、日本で発展してきた鍋島緞通と唐津焼。
共に長い歴史をもち、茶の湯とも深い関わりをもってきました。
古典から生み出され、いまに生き続ける美しさをご堪能ください。

 
写真は吉島伸一鍋島緞通株式会社の緞通「藤茶地(ふじちゃじ) 嬋娟文(せんけんもん)」(サイズ95×191cm)と中里隆作の「唐津南蛮壺」(奥)、矢野直人作「絵刷毛目注壷」「粉引盃」(手前)。
このほか唐津焼は、西岡小十、中里重利、中里太亀、中里花子、岡本作礼、竹花正弘、浜野マユミらが出展。
水差、茶碗、花入れ、酒器、酒杯など、日常の器から壺まで展示販売します。

新・日本ぐらし 探求者たち59
—伝統と向き合う創造—「鍋島緞通と唐津焼」展
平成27年11月28日(土)~12月7日(月)
10時30分~17時30分
最終日は16時まで・水曜休館
伊佐ホームズ株式会社 駒沢住宅 ギャラリー櫟

◎期間中の催し
鍋島緞通織元・吉島伸一さんと一番館代表・坂本直樹さんがゲストと共に語る第一部と、お茶あるいはお料理を楽しむ第二部の二部構成です。(両日とも二部構成です)

語らずにはいられない、伝来品鍋島緞通と唐津焼—茶の湯のともに
ゲスト:木村宗慎さん(茶人・茶道芳心会主宰)
11月28日(土)13時〜16時 ※12時30分受付
会費 3,500円 定員 30名

真の茶の湯の文化を求め続ける気鋭の茶人、木村宗慎(そうしん)さんがゲストです。第一部は、伝統をたいせつにする鍋島の工芸の魅力について3人が語ります。
第二部は、この日のために特別に木村さんに床飾りや茶釜をしつらえていただいた茶室「未休庵」で、やはり木村さんが見立てたお茶とお菓子を、唐津の茶碗でお楽しみいただきます。
お茶室へは順番にお入りいただくことになりますが、お待ちの時間はどうぞ、駒沢住宅のしつらえやギャラリー櫟の展示をご堪能ください。

佐賀の料理と銘酒を唐津焼の器で楽しむ
ゲスト:矢野直人さん(陶芸家)
12月5日(土)14時〜16時 ※13時30分受付
会費 5,000円 定員 40名

ゲストは本展にもご出展いただいており、幅広い層から支持を受けている若手陶芸家、矢野直人さん。唐津という場所における器づくりについてのお話を伺います。
続く第二部は、田上委久子(たのかみいくこ)さんによる佐賀にちなむお料理と銘酒をお召し上がりいただきます。田上さんは懐石料理はもちろん、茶道、花生けにも造詣の深い料理家。家庭でできるような献立も提案なさっており、そのセンスに間近で触れられるよい機会です。ぐい呑みは唐津焼を使います。どうぞ五感で唐津を味わってください。

【お申し込み】
電話(03-5712-5513)またはご予約フォームからどうぞ。 受付は終了いたしました。

20151111

【予約制】11月 住宅訪問会開催のお知らせ

お施主様のご厚意により、下記の要領で、住宅訪問会を開きます。
完全予約制ですので、前日までに「資料請求・お問い合わせ」ページまたは「お電話(03-3708-3313)」で、ご予約ください。
その際、参加予定人数をお知らせいただきますよう、お願いいたします。

■11月14日(土) 14:00〜15:30 [ W邸:東京都世田谷区 ]

30代前半のご夫婦から初めての家づくりのご相談。
土地探しから始まり、家づくりに関するすべてのお手伝いをさせていただきました。
計画中にお子さまが誕生、これからの生活を見越すことも求められました。
そこで、南道路の陽当たりのよい敷地に素直に建物を配置し、無駄のないシンプルな空間とすることをご提案しました。
無理せず、快適な暮らしがイメージできる「自然体の家」をぜひご体感ください。

[ 延床面積 ] 102.18m²(30.91坪)
[ 構造 ] 木造在来2階建て
[ 竣工 ] 平成27年10月

当日は駒沢住宅に13:30までにご集合ください。そこから車で現地までご案内します。

■11月23日(祝・月) 11:00〜12:00 [ A邸:東京都世田谷区 ]

ご両親がお住まいだった建物の改築工事。
終の棲家の計画にあたり、広すぎた面積を減らす「減築」に。
玄関、階段位置なども調整し、南側に大きな開口を取れるように間取りを変更しました。
一方、和室にはあまり手を入れず、改築前の面影を残しこの家の核としました。
そのほかの床・壁・天井・外壁・住宅設備などには大きく手を入れ、新築同様の仕上がりとなりました。

[ 延床面積 ] 102.45m²(31坪)
[ 構造 ] 木造在来2階建て
[ 竣工 ] 平成27年4月

当日は駒沢住宅に10:40までにご集合ください。そこから車で現地までご案内します。

第2回世田谷児童絵画コンクール
ぼくの町、私の好きな場所、絵画展
三軒茶屋・キャロットタワーで開催中

第2回世田谷児童絵画コンクール「ぼくの町、私の好きな場所、絵画展」は、盛況のうちにギャラリー櫟での展示を終了いたしました。
こどもたちは、日頃遊んでいる公園、お気に入りのお花屋さん、通学路にある緑道、大好きな自宅、近所の神社と思い思いにさまざまな好きな場所を私たち大人に教えてくれました。

期間中は409点の作品をギャラリー櫟にて展示し、約600人もの方々がご来場くださいました。
大好評につき、入賞作品40点が引き続き、三軒茶屋のシンボル「キャロットタワー展望ロビー」で展示されることになりました。
世田谷地域再発見につながるこの企画は、来年も10月に開催いたします。

平成27年11月3日(火)~12月24日(木) ※第2水曜定休
午前9時30分~午後11時
キャロットタワー展望ロビー26階(世田谷区太子堂4-1-1)

前のページ 次のページ