お知らせ

伝統と向き合う創造 「鍋島緞通と唐津焼」展のお知らせ

中国、朝鮮から伝来し、日本で発展してきた鍋島緞通と唐津焼。
共に長い歴史をもち、茶の湯とも深い関わりをもってきました。
古典から生み出され、いまに生き続ける美しさをご堪能ください。

 
写真は吉島伸一鍋島緞通株式会社の緞通「藤茶地(ふじちゃじ) 嬋娟文(せんけんもん)」(サイズ95×191cm)と中里隆作の「唐津南蛮壺」(奥)、矢野直人作「絵刷毛目注壷」「粉引盃」(手前)。
このほか唐津焼は、西岡小十、中里重利、中里太亀、中里花子、岡本作礼、竹花正弘、浜野マユミらが出展。
水差、茶碗、花入れ、酒器、酒杯など、日常の器から壺まで展示販売します。

新・日本ぐらし 探求者たち59
—伝統と向き合う創造—「鍋島緞通と唐津焼」展
平成27年11月28日(土)~12月7日(月)
10時30分~17時30分
最終日は16時まで・水曜休館
伊佐ホームズ株式会社 駒沢住宅 ギャラリー櫟

◎期間中の催し
鍋島緞通織元・吉島伸一さんと一番館代表・坂本直樹さんがゲストと共に語る第一部と、お茶あるいはお料理を楽しむ第二部の二部構成です。(両日とも二部構成です)

語らずにはいられない、伝来品鍋島緞通と唐津焼—茶の湯のともに
ゲスト:木村宗慎さん(茶人・茶道芳心会主宰)
11月28日(土)13時〜16時 ※12時30分受付
会費 3,500円 定員 30名

真の茶の湯の文化を求め続ける気鋭の茶人、木村宗慎(そうしん)さんがゲストです。第一部は、伝統をたいせつにする鍋島の工芸の魅力について3人が語ります。
第二部は、この日のために特別に木村さんに床飾りや茶釜をしつらえていただいた茶室「未休庵」で、やはり木村さんが見立てたお茶とお菓子を、唐津の茶碗でお楽しみいただきます。
お茶室へは順番にお入りいただくことになりますが、お待ちの時間はどうぞ、駒沢住宅のしつらえやギャラリー櫟の展示をご堪能ください。

佐賀の料理と銘酒を唐津焼の器で楽しむ
ゲスト:矢野直人さん(陶芸家)
12月5日(土)14時〜16時 ※13時30分受付
会費 5,000円 定員 40名

ゲストは本展にもご出展いただいており、幅広い層から支持を受けている若手陶芸家、矢野直人さん。唐津という場所における器づくりについてのお話を伺います。
続く第二部は、田上委久子(たのかみいくこ)さんによる佐賀にちなむお料理と銘酒をお召し上がりいただきます。田上さんは懐石料理はもちろん、茶道、花生けにも造詣の深い料理家。家庭でできるような献立も提案なさっており、そのセンスに間近で触れられるよい機会です。ぐい呑みは唐津焼を使います。どうぞ五感で唐津を味わってください。

【お申し込み】
電話(03-5712-5513)またはご予約フォームからどうぞ。 受付は終了いたしました。

100歳の現役アスリートの書も展示。
第六回「長寿を言祝ぐ書」展のお知らせ

 

今年も「長寿を言祝ぐ書」展が開催されます。
六回目を迎える今回も、90歳以上の人生の先達たちに、
自分のお好きな言葉や文字をとお願いして、書をお書きいただきました。

最高年齢は100歳の長岡三恵子さんです。
長岡さんは、なんと現在24個の世界記録を保持している現役のスイマーです。
泳ぎ始めたのは80歳のとき、リハビリのためだったとか。
91歳で本格的にコーチについて、情熱と努力で偉業を達成、「百歳のいまが頂点」とおっしゃいます。

やはり現役のアスリートである91歳の守田満(みつ)さんにも書をお書きいただきました。
守田さんは69歳から陸上を始め、70歳のとき、マスターズ陸上大会で日本新記録を樹立。
以来、75歳クラス、80歳クラス、85歳クラス、90歳クラスでそれぞれ世界記録を達成なさっています。

お二人の栄誉は、日々の鍛錬はもちろん、
それまでの長い人生における積み重ねの上に成り立ったものだということが、書からも感じていただけることと思います。

初日には、女性の本格的な噺家として活躍なさっている柳亭こみちさんをお招きします。
こみちさんは落語の世界に魅了され、後には引かない決意で柳亭燕路氏に弟子入りを志願。
想像以上の厳しい修行を乗り越え、3年後の平成18年に二ツ目に。
現在は子育てもしながら、高座に上がっています。
若々しくハリのある声、テンポよくキレのいい語り口で、ぐいぐい噺に惹きつけられてしまうことでしょう。
どうぞお聞き逃しなきよう。

新・日本ぐらし 探求者たち58
第六回「長寿を言祝ぐ書」展
平成27年9月12日(土)~28日(火)
10時30分~17時30分
最終日は16時まで・水曜休館
伊佐ホームズ株式会社 駒沢住宅 ギャラリー櫟

◎期間中の催し
柳亭こみち 落語の会
9月12日(土) 14時~15時30分 木戸銭:1500円 定員:40名
終演後は、ワインタイムがあります。
【ご予約の受付は終了しました】

[ギャラリー櫟サロン]
長谷川町子美術館 川口淳二館長 お話の会を開催します。

戦後の貴重な庶民の生活史にもなっている国民的漫画「サザエさん」。
そこには、日本人の家の原点も感じられます。
ギャラリー櫟サロン、3回目の今回は、世田谷区桜新町の長谷川町子美術館館長、川口淳二さんをお招きし、原作者の素顔、磯野家誕生の秘話などを、映像を交えてお話いただきます。
後半は設計部の新谷和彦が聞き手を務めます。
どうぞお誘い合わせのうえ、お越しくださいませ。

伊佐ホームズ ギャラリー櫟サロン 3
「サザエさん」長谷川町子美術館 川口淳二館長 お話の会
「磯野家から知る、家族の在り方、暮らし方」

日時:平成27年7月11日(土) 14時〜15時30分
場所:伊佐ホームズ 駒沢住宅・ギャラリー櫟(東京都目黒区東が丘2-13-25)

◎事前のご予約が必要です
電話(03-5712-5513) または メールで、お申し込みください。
その際、「お名前、参加人数、連絡電話番号」をお知らせください。
定員40名。定員になり次第、締め切ります。

サザエさんのセル画。フネにお酌してもらっているのは、川口館長です。

「日本文化 和菓子あれこれ」展のお知らせ

 
和菓子はこんなに奥深く豊かな世界を持っていたなんて。そんなことを感じていただける展覧会が始まります。
ナビゲーターは、虎屋文庫の顧問、青木直己さんと、和菓子スタジオへちまを主宰する金塚晴子さん。会期中にはお二人によるお話の会を4回開催します。
展示されるのは、和菓子資料収集家である吉田隆一さんのコレクションから、主に江戸から明治時代初期の菓子の木型、図案帳、錦絵、そして菓子器などの貴重な品々。また、美術作家の永田哲也さんの作品も展示販売いたします。寿ぎのデザインが彫り込まれた木型を和紙でかたどった立体作品は、祝う気持ちの美しさを伝えてくれます。
味わい・歴史・かたちの記憶などを掘り下げる展覧会。どうぞご来場ください。

新・日本ぐらし 探求者たち 58
「日本文化 和菓子あれこれ」
ナビゲーター 青木直己(虎屋文庫顧問)・金塚晴子(和菓子家)

平成27年7月18日(土)〜8月3日(月)
10時30分〜17時30分
最終日は16時まで・水曜休廊

◎期間中の催し
青木直己さんと金塚晴子さんのお話の会(計4回)
つくり手と歴史家としての眼差しで語っていただく多様な和菓子の世界。
金塚さんがつくる、お話にちなんだ和菓子と、京都の老舗茶舗・一保堂の専門家が淹れる味わい深いお茶を召し上がっていただきながら、お二人の話を楽しんでください。

第1回 和菓子今昔
【和菓子】源氏物語ゆかりの「椿餅」
平成27年7月25日(土) 午前の部 10時半〜12時/午後の部 14時〜15時半

第2回 季節を味わう年中行事と和菓子
【和菓子】重陽の節句に因む「着せ綿」
 8月1日(土)午前の部 10時半〜12時/午後の部 14時〜15時半

会費:各回 3,500円
定員:各回 30名
※定員に達しましたので受付は終了いたしました

左:源氏物語にも登場する「椿餅」。金塚先生のアレンジもお楽しみに。
右:「着せ綿」。菊の花に真綿をかぶせた様子を表現したものです。

「生活道具美展」のお知らせ

 
伊佐ホームズ駒沢住宅からクルマで10分ほど。静かな住宅街の中に「而今禾(じこんか)」があります。西川弘修さん、米田恭子さんご夫妻が営むお店です。いえ、単なるお店というのとはちょっと違う感じ。ヨーロッパのアンティークから、李朝、中国、現代の作家まで、さまざまな時代の家具や器がしつらえられています。それらが醸し出す雰囲気がなんとも心地よく、気持ちがゆったりしていきます。

この而今禾の家具や器、道具を駒沢住宅・ギャラリー櫟にしつらえる展覧会を開くことになりました。テーマは「仲春のしつらえ」。仲春という季節を意識しながら、西川さんと共に家具や道具をしつらえます。初日には駒沢住宅のあちこちで西川さんが器を設定、花道家の上野雄次さんに季節の花を生けていただきます。28日には冨田さんに和暦のお話を。そして料理研究家の植松良枝さんに滋味あふれるお料理をつくっていただきます。
皆様のお越しをお待ちしております。

新・日本ぐらし 探求者たち 56
生活道具美展 仲春のしつらえ
平成27年3月21日(土・祝)〜4月6日(月)

10時30分〜17時30分
最終日は16時まで・水曜休廊

◎期間中の催し
花と暮らす〜初日の集い〜
平成27年3月21日(土・祝) 14時〜16時
会費1,500円・定員40名

二十四節気の大きな節目である春分の日。駒沢住宅に而今禾の西川弘修さんと花道家の上野雄次さんをお招きします。西川さんに場所にあわせて花器を選んでいただき、目の前で上野さんに生けていただくという趣向です。終了後は、ワインと軽食で花談義をいたしましょう。

和暦ぐらし、旬を食する
平成27年3月28日(土) 14時〜16時30分(二部構成)
会費5,000円・定員40名

江戸時代まで使われていた「和暦(旧暦)」を参照することで、日本の自然、風土と行事、風習の仕組みが見えてきます。第一部(14時から15時30分)は、冨田貴史さんの和暦ぐらしについてのお話し。第二部(15時30分から16時30分)では、料理研究家の植松良枝さんによる、仲春ならではの滋味あふれるお料理を。旬と私たちの身体の関係をご体験ください。

【ご予約・お問い合わせ】
電話 : 駒沢住宅 03-5712-5513
ウェブ : お問い合わせフォームから

ご予約の際は、『ご希望の会』『お名前と電話番号』『参加人数』をお知らせください。

西川弘修さんとギャラリー櫟担当の金子京子。駒沢住宅に、而今禾から家具や器を運んでしつらえました。

左/茶室「未休庵」に椿を生けていただきました。花器は駒ヶ嶺三彩さん。
右/エチオピアのテーブルはコーヒーセレモニーに使われたもの。一本の木から削り出されており、なんともいえない力を感じます。

李朝のバンダチの上に中国の沈香壺を置いて。富士山の額は梅原龍三郎。

[ギャラリー櫟サロン]
吉松正秀講演会「発見のある子は必ず育つ」

30年にわたる和光学園小学校教師時代の経験から、現在も体験型学習塾を主宰している吉松正秀さん。広く世界に目を向けながら自らを表現し、進む道を選びとっていける子どもを育てていくという願いをもつNPO法人「未来を創る学びの場」の代表も務めています。
このたび、「発見のある子は必ず育つ」というテーマで、講演会を開いていただくことになりました。発見できる目を育てるには、「学ぶ」ということとは、など、学校では教えてくれない子育てのヒントをわかりやすくお話いただきます。
伊佐ホームズで家を建てていただいたというご縁から始まり、今回で4回目となる人気の講演会です。幼稚園児、小学生のお子さんをお持ちの保護者の方、どうぞお越しください。

平成27年2月12日(木) 11時〜12時30分 (終了後、サンドウィッチなどの軽食をつまみながらフリートーク)
伊佐ホームズ・ギャラリー櫟 (東京都目黒区東が丘2-13-25)
会費無料・定員20名

◎事前のご予約が必要です
電話(03-5712-5513)または「資料請求・お問い合わせ」ページで、お申し込みください。
その際、「お名前・参加人数・連絡電話番号」をお知らせください。

[ギャラリー櫟サロン]
「天語り」市川森一古事記より〜この世のはじまり〜

「ウルトラマンシリーズ」「淋しいのはお前だけじゃない」「黄金の日日」「山河燃ゆ」「花の乱」など、数々の名作ドラマの脚本で知られる脚本家の市川森一 (1941〜2011年)。そのライフワークのひとつが古事記だったといいます。古事記を通じて日本を見つめ直したい、という氏の遺志を継いで、妻であり、女優の柴田美保子さんは、「ドラマチック古事記 神々の愛の物語」の舞台化を2013年7月京都で、11月宮崎で実現させました。
伊佐裕が市川森一脚本賞財団の評議員を務めているというご縁から、このたびギャラリー櫟で柴田さんをお招きした会を開くことになりました。神話絵画の巨匠、マークエステルさんの作品を背景に、古事記を30 分ほど朗読していただき、お話しを伺います。語り部の言霊にのって、時空を旅してみませんか。

平成27年2月7日(土) 14時〜16時
伊佐ホームズ・ギャラリー櫟
(東京都目黒区東が丘2-13-25)
会費1,500円・定員40名

◎事前のご予約が必要です
電話(03-5712-5513)または「資料請求・お問い合わせ」ページで、お申し込みください。
その際、「お名前・参加人数・連絡電話番号」をお知らせください。

6日(土)のお茶会、残席わずかです

12月6日(土)に開かれる「ナホさんのお茶会」、残席が若干ございますので、ご案内いたします。

このお茶会にあたって、ナホさんにお茶碗の制作をお願いしました。
初めて挑戦したというその作品は、今回の展覧会「白い息」にふさわしい静謐な美しさを湛えるものとなりました。
普通、ガラスのお茶碗というと、涼を表現した平茶碗で、「夏のもの」というイメージがあると思います。
しかしながらナホさんのお茶碗は、真っ白に染まる山々の景色や風を感じる茶碗。
召し上がっていただいた後のけしきも、ガラスという素材ならではの愉しみです。
お菓子はオカズデザインさんの洋菓子。
少々アバンギャルドな取り合わせをお楽しみいただけたらと思います。

冬の午後、「白い息」をお茶室「未休庵」で感じてください。

ナホさんのお茶会
平成26年12月6日(土) 14時〜 会費1,500円・定員35名
駒沢住宅・ギャラリー櫟・未休庵

【ご予約・お問い合わせ】
電話 : 駒沢住宅 03-5712-5513
ウェブ : お問い合わせフォームから
ご予約の際は、「参加者全員のお名前」をお知らせください。

「イイノナホ ガラス」展 —白い息— のお知らせ

「眠る人」ソリッドワーク 手前:W11×D7×H5.5cm 奥:W11×D10×H4cm
 
ペーパーウエイト、トレイ、グラス、テーブルランプ、シャンデリアから、新作の彫刻作品「眠る人」まで。駒沢住宅とギャラリー櫟の、ナホさんの作品を一堂に展示、販売もいたします。
【協力】大谷哲也/白磁 山本美文/木の家具
»イイノナホ オフィシャルウェブサイト

新・日本ぐらし 探求者たち 55
「イイノナホ ガラス」展 —白い息—
平成26年11月28日(金)〜12月21日(日)

10時30分〜17時30分
最終日は16時まで・水曜休廊

◎期間中の催し

初日レセプション [二部構成]
平成26年11月28日(金) 18時30分〜20時30分
会費5,000円・定員40名

一部はお話の会、二部は立食パーティの二部構成です。
まずは、駒沢住宅のリビングルームでナホさんに作品についてのお話を伺います。その後、ギャラリー櫟へ移動。色とりどりのシャンデリア「balloons」に照らし出された空間に、ナホさんのガラスと、大谷哲也さんの白磁の器が映えます。
そこに並ぶのは、料理とグラフィックデザインの人気ユニット、オカズデザインさんによるスペシャルなお料理。器とワインに似合うメニューになりそうです。
めったに出会えない、コラボレーション。どうぞこの機会をお見逃しなく。

【右画像】
「荏原の家」のダイニングルームに取り付けられた、ナホさんのシャンデリア「balloons」。
この家については、「家と暮らしの物語 第1回」をご覧ください。

ナホさんのお茶会
平成26年12月6日(土) 14時〜 会費1,500円・定員35名

ナホさんが初めて挑戦したというお茶碗で、抹茶を味わってみませんか?
ガラスは夏のもの、というイメージが一新されそうです。オカズデザインさんのお菓子との取り合わせもお楽しみに。集合後、適宜お茶室にご案内いたします。

【ご予約・お問い合わせ】
電話 : 駒沢住宅 03-5712-5513
ウェブ : お問い合わせフォームから

ご予約の際は、「ご希望の会」と「参加者全員のお名前」をお知らせください。

駒沢住宅・ギャラリー櫟でこれまでに開かれたイベントの様子です。

前のページ 次のページ